地球の誕生
炭素と隕石
DNAと生物
生命と進化
進化とエントロピー

種の爆発
大陸移動
恐竜の絶滅
ゴンドワナ大陸と鉱物結晶
新生代と人類の繁栄


■ 生命と進化■

求道士は尋ねた。
「精気は生物にだけ見られるものですか」

シュタイナーは答えた。
「精気は異次元容力から創られ、宇宙の全ての時空に存在するので、時空のひずみであるすべての物質にも宿っている。生きている生物には精気が凝集しているが、死ぬと霊気は急に散逸する。鉱物の結晶にも精気は凝集し、構造形態が悪化すると精気はやはり散逸するのである。」

「宝石に魅了されるのは精気を無意識に感じているからですね」

「鉱物の結晶は苛酷な環境の中で独自の進化様式を遂げている。高温、高圧の原始惑星の環境下で分子結合を巧みに構成して光エネルギーを放つ物質に発展した。しかし、その進化は生物よりも非常に緩やかだ。進化の過程で精気を凝集した鉱物の結晶は周囲の物質に強い影響を与えるのである。」

「生物の進化とはどのようなことですか」

「進化とは生物や鉱物、宇宙などが時をかけて精気の凝集と散逸を繰り返しながら存在形態を変化させ、新しい定常状態に達することである。進化は生物だけのものではないが、特に生命エネルギーを持った生物は代謝と複製を繰り返すことで進化している。鉱物は個体変化で進化するが、生物は継体変化という進化様式をとって発展したのである。」

「どのようにして生物は生まれましたか」

「30億年前の生物の誕生はカーフトの海と呼ばれる惑星軌道から降り注いだ巨大隕石によってもたらされたのである。それ以前、10億年かけて生物となる生命体の材料は用意されたが、巨大隕石のもつ物理エネルギーと精気が地球物質に与えられ、物質の結晶核から鉱物が、有機化合物から生命の源であるRNAと DNAが誕生した。DNAはその乗り物である生命体すなわち生物を大量にかつ多様に誕生させたのだ。この時代が生命体の黎明期である。黎明期にDNA は各種の生命体と融合して、地球環境に適応してきた。現在見られる全ての生物はこの時代の子孫なのである。

地球が誕生してから多くの隕石が降り注いだ結果、霊気が蓄積して30億年前、初めて生物と呼ぶべき生命体が構成された。初めの生命体は精気を含む黄鉄鉱の集まる原始地球の深海で聖なる炭素原子の力を得て次々と誕生した。生命体の構成様式の違いによって生物は徐々に植物と動物と呼ばれる体系を確立し、進化してきたのだ。

初めの生命体は古細菌である。古細菌は深海の湧き出した鉄と硫黄の結晶に炭素が加わって生まれた。古細菌は高温の水
中や酸性の海でも生きることが出来た。

写真説明 Click!!

様々な古細菌
左上から超好熱菌、超好熱メタン菌、超好熱好酸菌、高度好塩菌。

古細菌(こさいきん)は、生物の分類の一つで、真正細菌が持たないsn-グリセロール-1-リン酸のイソプレノイドエーテルを含んだ細胞膜を持つ原核生物のことである。一般にメタン菌・高度好塩菌・好熱好酸菌・超好熱菌などの生物を含む。

生物分類上では、真正細菌(細菌、バクテリア)、真核生物と共に全生物を三分する最も高いランクの分類階級であるドメインの一つを占める。形態的には同じ原核生物である真正細菌に類似するものの、遺伝情報の扱いなどの細胞特性に極めて大きな差異が認められる。始原菌(しげんきん)と呼ばれることもある。

その後、真正細菌と真核生物が誕生した。真正細菌と真核生物は古細菌には有毒な酸素原子を化学エネルギーに変換することで進化を開始した。ウイルスも強い生命エネルギーを持っているが単純な有機化合物で構成されているので鉱物と生物の中間に位置している。」

「生物の死とはどのようなことですか」

「死とは精気を失って進化を止めることである。植物と動物で死の様子が異なる。一般的に植物は動物よりも精気が非常に強く、繁殖力は動物よりも勝っている。しかし、移動する能力は動物よりも劣っているため、環境の変化に適応できない。環境の変化に対応しきれずに代謝や複製を止めたときに植物に死が訪れる。動物は環境変化に対しては移動によって対応できるが、植物を自身の繁殖に利用することが多いため、植物なしでは動物も代謝や複製が出来ずに死んでしまう。生物が死ぬということは生命体から精気が散逸してしまい、単純な分子や原子に戻ることである。」

「生物はどのように生まれたのですか」

「初めの生物は原始地球の深海で誕生した。一部の深海生物は光エネルギーを利用する方法を獲得した。これを光合成という。光合成を行う植物は原始地球の大気に充満していた炭酸ガスを酸素に変えて精気を継体するようになった。

酸素が大気に増加すると、一部の動物は酸素を利用して化学エネルギー反応によって生気を継体できるようになった。酸素はそれまで動物には化学反応が不安定で調整しにくいために有毒であったが、酸素をエネルギーに効率的に変える真正細菌、ミトコンドリアと融合することで新たな進化を遂げた。これが動物の始まりである。

黎明期の多様な生物は宇宙の法理にしたがって進化しているのだ。

進化は生物だけのものではない。鉱物も、素粒子も、全ての通常物質だけではなく、暗黒物質も進化する。時空で凝集した巨大物質の塊である銀河やその一翼を担う恒星や惑星も進化している。全ての物質が進化するのだ。」






Copyright © 2008 思想と科学 サンスカラーサイエンス. All rights reserved.