Science Topics









 
Science Selection

神という存在
長い間の自然の観察を通じて、私たちは自然界には何らかの法則性があることを疑いません。その法則性を宇宙にひろげると、唯物論者でさえも、そこに形而上学的存在を感じるでしょう。それを超越した存在として「仏」や「神」など、様々な呼称で認めてきました..........more

ホーデの法則
現在、太陽や惑星の動きはニュートン力学によってわかっている。惑星の運動は太陽や月、他の惑星などの影響を計算しての正確に予測できる。..........more

ラプラスの悪魔
ナポレオン皇帝はラプラスに対して「お前の書いた本は不朽の大著作だと評判が高いが、神のことがどこにも出て来ないじゃないか」とからかうと、ラプラスは言った。 「陛下、私には神という仮説は無用なのです」 ..........more

啓示創世記
「私はどこから来て、どこに行くの」
一人ぼっちのイヴはいつも考えていた。
その日、気ままな夏雲が大地に大粒の雨を浴びせていた。イブは雷鳴を聞いたと思った瞬間、気を失った。どれくらいの時がたったのだろう。あたりは真っ暗である。星がわずかに瞬いたと思ったとき「声」が聞こえた。
..........more

地球の誕生
50億年前、原始太陽の周囲を取り巻いていたガスや塵は重力によって集積し、始めに微小な惑星群が形成され、そうした微小惑星がより大きな惑星に衝突、合体することで現在の太陽系の惑星が作られた。
..........more

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


Books

SAMSA~RA −『迦羅羅』の波羅蜜−

『迦羅羅』は闇を食い破って生まれ出た。
姿、醜悪。 容貌、怪異。
全身『癩』で被われていた。
この世で始めて出会ったものは墓守の老人。
飢えて泣く迦羅羅の前に墓守は、老いさらばえたその身を捧げた。
墓守の脳漿をすすって迦羅羅は知恵を授かった。
迦羅羅には、幼き頃の記憶はない。

■ サンスカラーサイエンス(Sunscalar Science) ■

「思想と科学」の唱導する「サンスカラー(Sunscalar/Sanskara)」という言葉はサンスクリット語で「唯識」を意味します。物理や数学を学んだ方はスカラー(Scalar)を「特定の方向を持たない量」であると知っています。「サンスカラー(Sunscalar/Sanskara)」は「スカラー(Scalar)」と「太陽(Sun)」を合わせた言葉として用いています。それは、太陽がすべての方向に光を与えるという意味と理解することができるからです。


携帯サイト用QRコードをご利用ください。


Copyright c 2008 思想と科学 サンスカラーサイエンス. All rights reserved. g