SAMSA〜RA迦羅羅の波羅蜜

サンスクリット語のサンサーラは六道輪廻といい、
六道とは 「天上、人間、畜生、修羅、餓鬼、地獄」という迷いの世界を、輪廻とはそれぞれの世界を廻って逃れることができない状態をいいます。
光織寺初代・本仏寺三代目管主 矢矧六道は六道輪廻をテーマとして「迦羅羅の波羅蜜」を描きました。

用語解説はこちら

TOP